YJFX!で資産運用

YJFX!での取引のコツや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、特典、チャート、デモトレード、マーケット情報、口座開設の流れや、審査・申込スピードなどのポイントを紹介。

YJFX!で資産運用のための5ステップ

YJFX!なら初めての人でも管理しやすいチャートとアプリで楽々トレード。USD/JPYのスプレッドは原則固定0.4pointで取引が可能。証拠金の25倍までの取引ができる。その他の通貨も狭いスプレッドなので経験のない人にもオススメ!


YJFX!での取引のコツや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、特典、チャート、デモトレード、マーケット情報、口座開設の流れや、審査・申込スピードなどのポイントを紹介。

YJFX!のスペック一覧

■証券口座名正式名称

YJFX!


■お取り扱い方法

インターネットモバイルまたはPC


■契約する方

満20歳以上で、本人に安定した継続収入のある人や資産のある方、アルバイト・パート・派遣や学生の方、また本人の両親に毎月定期収入のある人。


■通貨ペア
USD/JPY 米ドル/円
EUR/JPY ユーロ/円

GBP/JPY ポンド/円

AUD/JPY 豪ドル/円

ZAR/JPY 南アフリカランド/円

EUR/USD ユーロ/円

GBP/USD ポンド/円

NZD/JPY NZドル/円

CHF/JPY スイスフラン/円

CAD/JPY カナダドル/円

AUD/USD 豪ドル/米ドル

NZD/USD NZドル/米ドル

CNH/JPY スイスフラン/円

HKD/JPY 香港ドル/円

EUR/GBP ユーロ/ポンド

EUR/AUD ユーロ/豪ドル

USD/CHF 米ドル/スイスフラン

EUR/CHF ユーロ/スイスフラン

GBP/CHF ポンド/スイスフラン

AUD/CHF 豪ドル/スイスフラン

CAD/CHF カナダドル/スイスフラン

USD/HKD 米ドル/香港ドル


■主要スプレッド

USD/JPY(米ドル/円)
0.4ポイント

EUR/JPY(ユーロ/円)
1ポイント

GBP/JPY(英ポンド/円)
1.8ポイント

AUD/JPY(豪ドル/円)
0.9ポイント

NZD/JPY(NZドル/円)
1.8ポイント


■お取引時間

24時間。

日本時間月曜日午前7:00〜 日本時間土曜日午前6:50
(米国サマータイム適用時は日本時間土曜日午前5:50まで)


■メンテナンス時間

次の時間帯はメンテナンスの為操作できません。
日本時間 午前6:55〜7:00(米国サマータイム適用時は午前5:55〜6:00)


■最低単位

各通貨の最低取引単位は次のようになります。

USD(米ドル)の最低取引単位:1,000 米ドル
EUR(ユーロ)の最低取引単位:1,000 ユーロ
AUD(豪ドル)の最低取引単位:1,000 豪ドル
NZD(ニュージーランドドル)の最低取引単位:1,000 ニュージーランドドル
GBP(英ポンド)の最低取引単位:1,000 英ポンド
CHF(スイスフラン)の最低取引単位:1,000 スイスフラン
CAD(カナダドル)の最低取引単位:1,000 カナダドル
ZAR(南アフリカランド)の最低取引単位:10,000 南アフリカランド
CNH(人民元)の最低取引単位:10,000人民元
HKD(香港ドル)の最低取引単位:10,000香港ドル


■注文上限

1回の注文数量は300万通貨まで
投資上限は全通貨の合計で4,000万通貨まで
※人民元/円・香港ドル/円・ユーロ/英ポンド・ユーロ/豪ドル・米ドル/スイスフラン・ユーロ/スイスフラン・英ポンド/スイスフラン・豪ドル/スイスフラン・カナダドル/スイスフラン・米ドル/香港ドルのに限り、一度の注文数量は100万通貨までとなります。


■スワップポイント

期間により決まったレードにて日々発生。
違う通貨のうち、高金利通貨を買い持ちした時には、もう片方の通貨との金利差を受取る(利益)ことになり、売り持ちした場合には金利差を支払う(損失)ことになります。

建玉を持ち、ニューヨーククローズを迎えると、スワップポイントが余力に発生いたします。
現金として授受できるのは翌営業日ニューヨーククローズ後となります。
※国内外の祝祭日の影響により、ニューヨーククローズ時点で建玉を保持していてもロールオーバーが行われないため、スワップ金利が発生しない営業日があります。

注)スワップ金利や取引証拠金は為替相場の変動により変化場合がありますので、最新情報につきましては、YJFX!ホームページをご覧ください。


■ロスカット水準

証拠金維持率が50%以下となった場合


■入金と出金

・クイック入金は24時間いつでも入金ができます。
・通常入金は、入金日から概ね翌営業日以内にお客様の口座に反映します。
・出金は出金依頼後、概ね翌営業日以内にお客様の口座にお振り込みいたします。
・クイック入金の振込み手数料は、YJFX!で負担いたします。
・通常入金の振込み手数料はお客様のご負担になります。
・出金時の振込み手数料は、YJFX!で負担いたします。


■その他

FX取引とは、元本や純利が保証された金融取引ではありません。お取引した通貨にて、相場の動きによる価格変動やスワップ金利の変動により、マイナスが発生することがあります。

レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上の投資ができますが、元金以上の損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な元金は、各通貨の相場により決定され、お取引額の4%相当となります。

元金の25倍までの投資ができます。(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引ができます。)

YJFX!は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全て返還されることを保証するものではありません。

ロスカット取引は、必ず約定したマイナスで収まるというものではありません。通常、あらかじめ約束したマイナスの水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際のマイナスはロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によっては貴方よりお預かりした元金以上の損失の額が生じることがあります。

トレードの開始にあたり、YJFX!の契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の決断にてお取引していただくようお願いいたします。


■会社概要
 
ワイジェイFX株式会社(英語社名:YJFX, Inc.)

・ホームページアドレス
http://www.yjfx.jp/

・所在地
〒107-6220東京都港区赤坂九丁目7番1号ミッドタウン・タワー20階

・株主構成
ヤフー株式会社100%(4689:東証1部上場)

・ホームページ事業内容
金融商品取引法に基づく第一種金融商品取引業
(インターネットを介した店頭による店頭外国為替証拠金取引業)
金融商品取引法に基づく第二種金融商品取引業
(インターネットを介した取引所における外国為替証拠金取引業)

 

 

 

為替取引で損をしないための極意

.

「FXというとマイナスになる」というイメージを持っている方が国内には多くいます。

FX投資でマイナスになる第一要因は、レバレッジを管理せずギャンブルのような投資をしている方がとても多いからです。
資金の何倍もの取引ができるレバレッジを最大(25倍)まで効かせると、たった250ポイントほど反対に値動きするだけで元手の50%が失われた状態になってしまいます。

確かに、予測した通りに動けば大きく儲かりますが、そんな取引チャンスはそうそうありませんし、レバレッジの大きな取引をしている多くの人は少し利益が出た状態で早々に利益を決定してしまいます。
ですから、そういった投資をしていると、いつかは大きくマイナスを出してロスカットしてしまうことになります。
原資に余裕を持ち、レバレッジを管理して運用していくと、大きい通貨ショックに遭遇してしまったとしても数年後には利益を出すことができるのです。

現に1991年頃から1995年にかけて79.85円まで大きく下がったドル/円は次の年には105円台まで上昇し、そのまま1998年には140円台にまで戻っています。そして、リーマンショックの時に124円から87.92円にまで下がった時も2015年には120円台にまで回復してしているのです。

ネット上ではレバレッジを最大にしてロスカットしたという体験談が溢れていますが、低レバレッジで粘り強く待った人はリーマンショックの時に100円台で買ってしまったしたドルを損切りせず、80円台になった時に追加で新たにドルを購入し、110円台の手前にまで戻ってきた時に売って利益を出しています。また、含み損をになっている間もスワップポイントで少しずつ儲けを出しています。

スワップ金利は通貨を持っているだけで毎日貰うことができます。スワップポイントの高い通貨でスワップポイントのみを狙った取引をしていく人も多く、低金利の日本円を高金利通貨に変えて、含み損や含み益を気にせず金利だけで生活している人も多く存在しています。

また、そういった投資の上手い人たちは、近年の金融緩和の時、ここぞとばかりにレバレッジを最大にしてチャンスをモノにするのです。

 

↓↓お申込み・詳細はこちら↓↓

 





●その他のオススメFX業者